【与贈工房通信バックナンバー】2月15日号

 

2019年2月15日

田原です。

皆さんは、自転車に乗れたあの日のことを覚えていますか?

「乗れない」から
「乗れる」への
不連続な変化

練習を積み重ねていって、
突然、「乗れない」から「乗れる」へのジャンプが起こる

学びと言うのは、本来、こういうものだと思うんです。

自分の中の
・バランス感覚
・足の筋力
・ハンドルの動かし方のスキル
・体全体を調和的に動かすスキル
などが、全体的に伸びていって、
あるときに閾値を超えて「乗れる」が起こる。

それまでは、スキルは伸びているのに、「乗れない」状況だったのが、
突然、「乗れる」に変わる。

いろんな要素が組み合わさって、
新しい世界が突然広がります。

さて、これは、チームでも同じことなんじゃないでしょうか?

それぞれが、自分の枠組を広げてストレッチしていったときに、
ある瞬間、「乗れない」から「乗れる」のような不連続なジャンプが起こる。

ホースだ!
柱だ!
ほうきだ!

と見えていたのが、突然、「ゾウ」であることに気づくようなジャンプ。

一度、ジャンプが起こってしまえば、
全体像が把握できるので、世界の捉え方が変わってしまう。

協力して全体像をつかめたということで、
仲間意識も生まれる。

対話を通して
多角的な見方をお互いに取り入れ、
いっしょに「ゾウ」を見に行き、
それを共有した上で即興的に動いていく。

そんなチームを創りたい方に、
そのために必要なスキルを伝えたいと思っています。

さとのば大学の信岡さんと、そんな話をしました。
https://youtu.be/pgUYsT6yflc

「共創を生むリーダーシップ講座」の無料説明会は2月21日です
https://peraichi.com/landing_pages/view/leadershipforcocreation

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください